立山黒部アルペンルートに行ってきた話。

秋の立山黒部アルペンルートへ、紅葉を見に行ってきました!

秋の黒部といえば、紅葉の中を走るトロッコ列車と温泉、そして紅葉に染まる日本アルプス。
去年は上高地に紅葉を見に行ってきましたが、今年は初・立山黒部アルペンルートへ一泊二日で行ってみました!

関連記事:上高地に行ってきた話。

まずはトロッコ列車に初乗車

岐阜駅から特急に乗って高山まで行き、高山からはバスに乗って宇奈月温泉駅へ。宇奈月までって遠いんですね~朝の7時に家を出てトロッコに乗ったのが13時くらい。

宇奈月温泉駅で人混みにもみくちゃにされながら、トロッコ列車に乗り込みます。笑

この日は小雨がぱらついていて、しかも宇奈月辺りはまだ全然紅葉はしていなかったので、ちょっと寂しい感じ・・・
でもダム湖の水や川はとっても綺麗だったし、途中で野生の猿に出会ったし、自然を満喫しました!という様子を以下写真でどうぞ。

右に見える吊り橋は、野生の猿のために架けられた橋だそうです。

こんな感じに自然の中を突っ切ってビュンビュン走っていきます。紅葉シーズンだからかなー、観光客でぎゅうぎゅう詰め。
今回は「鐘釣」駅で下車したので片道50分くらいでしたが、結構風も強いし寒かったので、防寒はしっかりしていった方が良さそうです。

鐘釣駅に到着。

やっぱり川の水がめっちゃんこ綺麗!
この近くには万年雪が見られる展望台があるのですが、今年は7月の台風の影響で万年雪はなくなってしまったそうです・・・ガビーン。

写真には収められませんでしたが、トロッコ列車に乗っている最中に野生の猿に出くわしました。
運が良かったらカモシカとかにも会えるみたいです。

そんな感じでまた鐘釣駅から宇奈月温泉駅まで引き返し、宿泊地である白馬へと向かって一日目はおしまい。

 

立山黒部アルペンルートを通り抜け!

2日目は昨日とはうって変わってきれいな青空!やったー!
ちなみに右下に映っているのが、長野オリンピックで使用されたスキージャンプ台です。

さて2日目はここから立山駅までバスで行き、ケーブルカー、高原バス、トロリーバス、ロープウェイ、そして再びケーブルカーとトロリーバスを乗り継いで扇沢まで抜けていく、というルートです。

一番標高の高い室堂(2,450m)に行く途中で雲が広がり始めたのですが、一旦雲の上に出てしまえば、眼下には雲海と青空が広がっていました!

なので室堂に行く途中で曇りになってしまっても、そんなに心配しなくて大丈夫なはず・・・笑

そしていよいよ室堂に到着!してからの写真を以下お楽しみください。

みくりが池。蒼く澄んでいてとても綺麗でした。

室堂のレストランで食べた立山そば。ツルツルとした細麺でとても食べやすかったです。

こちらは富山名物の白エビかき揚げ丼。美味い!

そして室堂からトロリーバスで大観峰に到着。ここが一番紅葉が綺麗でした!
ポスターで見たことのある風景。

雄大に広がる日本アルプスと、裾野にパッチワークみたいに広がっている紅葉の色合いがとても綺麗で、集合時間ぎりぎりまで写真を撮りまくってしまいました。

できれば大観峰から黒部ダムまでロープウェイで下ってくる時も窓からの景色を取りたかったのですが、人波にもまれてそれどころではありませんでした。笑

あつあつのお焼きとふかしイモ。小腹がすいていてもいなくても買ってしまうやつ。笑

黒部ダムに到着。でかい!

観光放水も見ることができました。
もっと「ドドドドドド・・・」みたいな音がするのかな、と思ったら全然静かで逆にびっくり。それでも毎秒10トン以上の水を放水しているというからさらにビックリ。

ダム湖のふもとから200段くらいの階段をがんばって登ると、黒部ダムと周りの山々を一望することができました。

もう少ししたら、この辺りも紅葉一色に染まるんだろうなー。

とこんな具合に、秋の立山黒部アルペンルートを堪能してきました!
お天気にも恵まれて紅葉もばっちり見ることができて、最高の秋旅でした!

立山黒部アルペンルートHP:https://www.alpen-route.com/index.php

[ 立山黒部アルペンルートに行ってきた話。 ]ことりっぷ, 2017/10/07 14:38