奈良仏像さんぽの話。

会社から有給をもらって、奈良県に遊びに行ってきました!

GWの次の週にまた連休になった5月。笑
小学校の修学旅行以来、実に十何年ぶりに奈良県へ行ってきました。

今回は初めて名鉄の高速バスを使ってみましたが、予約はインターネットでできるし、座席はゆったりしてるしコンセントやトイレはあるし、乗り換えなし2時間半で着いてかなり快適でした!
またどこかへ旅行に行くときも使ってみようかな~

名鉄バスHP:http://www.meitetsu-bus.co.jp/express/nara/

 

JR奈良駅に到着!

そんな感じでJR奈良駅に到着しました~ホテルはJR奈良駅から徒歩3分のところをチョイス。
近鉄奈良駅の方を利用する方が多いみたいで、バス乗り場もJR奈良駅の方はかなり空いていました。岐阜駅といい勝負かも。笑

逆に近鉄奈良駅ではドドドっと人が乗ってくるので、観光の時はJR奈良駅を拠点にすることをおススメします。

ホテルに荷物を預けて、出発です!以下、奈良さんぽの様子を写真多めにどうぞ。

 

高畑エリアを散策します

東大寺とか興福寺とかの人気エリアの前に、高畑町エリアへ。
観光地から少し離れた場所にあるので、かなりのんびりとした雰囲気でした。

お腹が空いてはなんとやら、ということでカフェ「空気ケーキ」へ。
看板メニューの空気ケーキ(プレーンと抹茶)とアイスコーヒー。

ドングリのような見た目の空気ケーキは、ふわんふわんのスポンジに軽い食感のムースと小豆をサンドしたお菓子。
口に入れた途端にフワシュワッと溶けていくような滑らかさで、いくつでも食べられそうなケーキでした・・・!笑

個人的には抹茶の方が味わい深くて好きだった~日持ちがしたならぜひお土産にしたい一品でした。

空気ケーキ
HP:http://www.kuukicake.com/
※Open、CloseはHPをご確認ください。
Access:奈良県奈良市高畑町738-2

奈良県奈良市高畑町738-2

カフェを後にしてずんずん歩いていると、猫を発見!
どうやら雑貨屋さんの看板猫のようでした。もうすぐOpenですよ~と言われ、先に志賀直哉旧居をみてくることに・・・。

志賀直哉旧居へ続く小路。石塀が風情ある佇まいです。

志賀直哉は大正14年から昭和13年までを奈良で過ごし、昭和12年には小説「暗夜行路」を完成させたそうです。
前に尾道旅行をした時は、尾道文学記念館で同作の一節に出てくる風景を見てきましたので、不思議にも志賀直哉つながりで旅行をしてきたようです。

食堂横にある陽の光が差し込むサンルーム。
直哉の家族や小説家仲間が集ったサロン的な部屋だったようです。

旧居まわりは青紅葉がきらきらと光を透かしていました。秋に来たらさぞかし綺麗なんだろうなー。

ここで再び先ほどの雑貨屋さん「あんず舎」さんへ。
顔はちょっと怖いけど、お客さんが来るとにゃーにゃ―鳴いてお知らせしてくれる、立派な看板猫さん。

店内は奈良県内の作家さんの器が多く展示されていました。

鹿さんの器が可愛すぎて一目惚れ。奈良土産第一号ゲットです!

あんず舎
HP:https://anzuya.net
※Open、CloseはHPをご確認ください。
Access:奈良県奈良市高畑町1237-7

奈良県奈良市高畑町1237-7

あんず舎さんののち、すぐそばの「ささやきの小径」を通って春日大社へ向かいます。
春日山の原生林が息づく、緑に溢れた涼しい小路でした。

鹿がいないかなー、と思ったけどいなかった!笑

春日大社に到着!

小径を抜けた先にある二の鳥居から歩いて歩いて、春日大社へ。

春日大社と言えばこのずらっと並んだ燈籠。500円で特別拝観ができます。

2月の節分、8月14日・15日の年3回、すべての燈籠に浄火をともす春日万燈籠を体感できる藤浪之屋。
絶対写ってないと思ったけど、結構写ってて感動しました。笑

流石は神様の御使い、七種寄木(イスノキ、ヤマザクラ、ツバキ、ナンテン、ニワトコ、フジ、カエデの七種が共生する珍しい木。古来、風神の威徳をもって種子を集められたといわれ、やどり木であることから、子授けの霊木と崇められています)をもしゃもしゃと食んでいる鹿さん。

食べていいのかな・・・神様の御使いだからいいか。笑

燈籠と鹿。

どアップ。ちょっとピント外したのが悔やまれます・・・

春日大社と言えばこの白い鹿のおみくじ。
おみくじを口にくわえた姿がなんとも可愛らしいです。

ちなみに末吉でした。。。笑

そんなこんなで春日大社参りも終えて、若草山を眺めながら東大寺へ。

五月晴れの空と緑と鹿。最高の天気!

お水取りで有名な東大寺二月堂へ行ってきました!

舞台からは奈良の街並みが一望できます。黄昏時の眺望はまた格別なんだろうなぁ。

ちなみにこの旅では疲れ切っていて、夕方にもう一度繰り出すことはできませんでした・・・また次回リベンジします!

二月堂の裏を廻る石塀の道。

裏道だからか、観光客が一人もいなくてのんびり気分。

工場跡事務室でお昼ごはん

歩き疲れたところで、休憩&お昼ごはんに「工場跡事務室」へ。

その昔は乳酸菌飲料や食用菌の研究・開発をしていた工場でしたが、平成になってからリノベーションされ金曜日&土日にはカフェとして営業されています。

レトロ感極まりないグラスと、シュワシュワ炭酸。
梅の酸味が疲れた体に染みわたって、美味い!

ランチは残念ながら終わっていたので、軽食のコロッケパンをチョイス。

ツヤッツヤのふかふかパンと、ほくほくコロッケが最高。
野菜がかなりボリューミーに挟まれていて食べるのが難しかったですが、めちゃんこ美味しかったです!

ガラス窓越しに光が差し込む工場跡喫茶室。おススメスポットです。また来たいなー。

工場跡事務室
HP:https://www.kojoato.jp/
Open、CloseはHPをご確認ください。
Access:奈良市芝辻町543番地

奈良市芝辻町543

いよいよ東大寺へ!

元気回復したところで、いよいよ大仏様に会いに行きました。

修学旅行以来、十何年ぶりの東大寺。相変わらず修学旅行生や外国人やら観光客やらでごった返していました。

大仏様とご対面。
やっぱり大きいな~、カメラのファインダーに入りきらない・・・

昔から奈良の街をこうして見守ってきてくれたのかなと思うと、自然と拝みたくなってしまいます。

本当に沢山の人が見に来ていましたが、岐阜にもこの大仏さんと並び称される「岐阜大仏」があるんだよって大きい声で言いたくなりました。笑
岐阜に来た時はぜひ岐阜大仏を見に来てください~

Gallery&Shop「小さい家」に行ってきた話(+YAJIMA COFFEE)。

2017.03.11

大仏を見た後は、鹿を横目に興福寺へ。

鹿に好かれる必須アイテム、鹿せんべい。
これを持っているだけで鹿がわんさか寄ってきます。

興福寺へやってきました。
国宝館が今年の初めにリニューアルしたそうで、有名な阿修羅像をはじめ貴重な仏像がたくさん安置されていました。

ならまちエリアへやってきました

興福寺からてくてく歩いて、ならまちエリアへ。

平城京の面影が残るレトロな街並み、ならまち。
商店街や細い路地裏、格子の町家・・・フォトジェニックなスポットがいっぱいです。

こういう風情のあるお家に住んでみたいな~。

一日の締めは、やっぱりコーヒーで。

「珈琲と定食 minamo」でアイスコーヒー&苺チーズケーキ。
奈良県産の苺「古都香」をたっぷり使った甘酸っぱいチーズケーキと、きりっとしたアイスコーヒー。美味い!

カレーも美味しそうでしたので、ぜひ定食にも訪れてみてください。

珈琲と定食 minamo
HP:http://minamocoffee.tumblr.com/
Open、CloseはHPをご確認ください。
Access:奈良市東城戸町28

奈良市東城戸町28

 

奈良さんぽ一日目はこんな感じで終了!
さすがに一日歩きっぱなしで疲れた~~

二日目に続きます。