岐阜の伝統工芸を楽しもう!長良川てしごと町家CASAに行ってきた話。

岐阜市街の人気観光スポット川原町に、新しく岐阜の伝統工芸を楽しめるスポットがオープンしました!
長良川てしごと町家CASAとは?

Facebook HPShop

岐阜の伝統産業といえば、提灯に和紙、うちわ、そして和傘。特に和傘は日本全体の約8割が岐阜県で生産されています。

そんな岐阜の伝統工芸品や職人さんたちの技術に間近で見て、手にとって、あるいは体験してもらおうという新しいスタイルの工房がオープンしました。

古い町家をクラウドファンデイングにてリノベーションしたCASA。CASAとはスペイン語で「家」を意味しており、「長良川流域の手仕事が同じ場所に集まって、たくさんの人を招き入れる家にしたい」という願いが込められているそうです。

今回はCASAの中でも「和傘」「活版印刷」「提灯」エリアをご紹介したいと思います〜!

レトロモダンな柄にウキウキ!岐阜の名産「和傘」

扉を開ければまず、鮮やかな和傘の展示が目に飛び込んできました。
「雨雨ふれふれ母さんが〜♫」の童謡でもおなじみの蛇の目傘(和傘)は、実は岐阜県で全国生産量の約8割を作っています。

岐阜県は古くから、長良川の水運により傘の原料となる和紙や竹、防水加工用のえごま油や柿渋が入手しやすかったこと、また武士の副業として傘作りの内職が盛んだったこと等の理由で傘の一大産地として栄えていました。

明治以降には月100万本を生産するほど活気付き、シドニー万博にも出展されたほど岐阜を代表する産業へと成長していきました。
しかし洋風の生活が浸透するにつれて需要は減少し、かつては数百軒あった傘屋も今や数軒が残るのみとなり、技術の継承が課題になっています。

そんな中、NPO法人ORGANさんが運営される「長良川デパート」およびこちらの「長良川てしごとCASA」では県内傘職人の手による和傘を展示・販売し、観光客や若者を中心とした多くの人に和傘の魅力を発信しています。

和傘の魅力といえば、鮮やかな色と柄、そして精巧に張り巡らされたかがり糸の美しさ。
傘の内側に広がる柄とかがり糸の模様はまるで万華鏡の中にいるように美しく、内側からも外側からも色合いを楽しむことができます◎

竹を削って骨組みを作る、かがり糸を張る、和紙に模様を付ける、防水の油を塗る・・・と細かな工程を経て造られる和傘は決して安価なものではありません。
しかし、和傘一本一本に込められた職人さんの思いや、美しい柄、傘に跳ねる雨の音を感じながら使ってみれば、雨の日もきっと特別な日になること間違いなしです。

ぜひCASAでお気に入りの和傘を見つけてみてくださいね◎

 

その一文字に想いを乗せて・・・ORGAN活版印刷室

和傘コーナーの奥にあるのが、ORGAN活版印刷室さん。
長良川周辺の紙問屋が閉業する際、今となってはなかなか手に入らない貴重な活版印刷機や活字を引き取って始まった手仕事の一つです。

この間名古屋であった紙小物のイベントでも、いくつか購入させてもらいました〜

「カミメマーケット in 名古屋」に行ってきた話。 カミメマーケットとは? 私たちの生活になくてはならないモノ、「紙」。 ペーパーレスや電子化が進む現代にあっても、やっぱり紙はまだ...

柔らかく手触りの良い美濃和紙は活版印刷ととても相性が良く、活版印刷によるわずかな凹凸やインクの色合いの美しさを肌で感じることができます◎

壁一面にびっしりと並んだ活字たち。
これらの活字を組み替えながら文字を作っていくのは気が遠くなるような作業なのですが、手間と時間をかけただけ文字や文章に愛着がわき、先人の知恵にそっと想いを馳せることができるように思います。

名刺作り体験も開催されていますので、まずはお気軽に活版印刷を体験してみてくださいね〜

 

ほんわかした灯りに癒される、伝統の提灯

最後に紹介するのは、岐阜のもう一つの名産「提灯」。

お盆のお墓詣りや盆踊りなど、日本の風景とは切り離すことのできない「提灯」。
和傘と同じく、良質な竹と和紙を原材料とする岐阜の名産品として重用されてきました。

CASAに入居している株式会社オゼキさんでは、アメリカ生まれの作家イサム・ノグチさんと共に、伝統工芸である提灯を「AKARI」という芸術品として現代に甦らせました。

「AKARI」はインテリアや芸術品としても評価が高く、日本グッドデザイン賞を受賞し、世界中の多くの人に愛用されています。

一番奥にある提灯の展示スペース。
薄闇の中に優しく光る提灯は、見る人を温かい気持ちにさせてくれます。また原材料として使われている美濃和紙や描かれた鵜飼の風景も、ふるさと岐阜の風情を感じさせてくれます。

手のひらサイズの可愛らしい提灯も販売中(ちなみにLED電球)です。
描かれた桜や鵜飼の風景が、素朴でいいですね〜◎

 

こんな感じに、岐阜の伝統産業や職人さんたちの技と心を知って、触れて、楽しめる素敵な場所でした◎
長良川おんぱくをはじめ、各種ワークショップも開催されていますので興味がある方はぜひ体験していってくださいね!

長良川てしごと町家CASA
HP:https://www.teshigoto.casa
Open、CloseはHPでご確認ください。
Access:岐阜市湊町29

岐阜市湊町29