フィルムカメラ

フィルムカメラのススメ

 最近、巷で人気が高まっているフィルムカメラ。
今回はそんなフィルムカメラの魅力と、オススメ機種についてまとめました! 

フィルムカメラってどんなカメラ?

フィルムカメラとは、カメラ本体の中に装填したフィルムを使って写真を撮るカメラのことです。
フィルムには感光媒体としてハロゲン化銀が使われていることから「銀塩カメラ」と呼ばれることもあります。

中に装填するフィルムはサイズによって35mmフィルム、中判フィルム、大判フィルムの3つに分かれますが、この記事では一番馴染みのある35mmフィルムカメラについて触れていきます。
さらにその中でも、レンズ交換ができる一眼レフ、軽くて失敗が少ないコンパクトカメラ、1コマで2枚撮れちゃうハーフカメラ、ピント合わせが最高に楽しいレンジファインダー等々たくさんの種類があり、あらゆる可能性を秘めためくるめくカメラワールドが広がっているのです。

では次に、フィルムカメラの魅力について見ていきましょう〜

フィルムカメラのここが好き!
手間とお金がかかる!だがそれがいい。

フィルムカメラはデジタルカメラと違い、撮った写真をすぐに確認することができません。
必ずフィルムをカメラ屋さんに持って行って現像してもらう(あるいは自分で現像する)工程が必要です。

加えて、現像にはお金がかかります。フィルム1本をネガとCDに焼いてもらって大体1,000円、フィルム自体も1本500円程(良いフィルムは1,000円くらいします)なので1本につき1,500円程度かかる計算です。

ですので、1枚1枚をとっても大切に撮るようになります。構図、光の加減、被写体の表情etc…それら「ファインダーの中に映るもの」に対してじっくり向き合えるのが、フィルムカメラの良いところです。

 

カッコいい!可愛い!見た目が好き。

フィルムカメラは「写真を撮る道具」であると同時に精緻な機械部品による「工芸品」であり「所有欲を満たしてくれるモノ」でもあります。
フィルムカメラを持っている人間というのは写真もさることながら、自分が手にしているカメラが好きで好きでたまらない、そんな人たちなのです。笑

こちらがワタクシの愛機、オリンパスのOMー1。
金属のシルバーボディの格好良さと、丸いダイヤルとレンズの可愛さが見事に同居した名機です!ちなみにボディがブラックのものもありまして、そちらは格好良さが120%になります。

皆さんが自分の「一目惚れカメラ」に出会えますように・・・

 

とにかく頑丈。一生使える頼もしさ!

ボディが金属でできているフィルムカメラは、とっても頑丈です。戦場や報道の最前線で活躍していたものも多く、ちょっとやそっとのことでは凹んだり壊れたりしません。何十年も現役のまま動き続けているカメラもザラにあります。

またフィルムカメラの中には機械式、つまりネジやバネの仕掛けのみで動いている機種があります。デジカメのように電子部品を使用するカメラでは、回路が壊れたりメーカーの生産が終了したりすると修理ができない場合がありますが、機械式のカメラは心配ご無用。カメラ屋さんに持っていけばほぼ直してくれます(とは言え、機械の部品がどうしても手に入らないことも稀にあるようです・・・)

一生をかけて大事にできる相棒、フィルムカメラ。親から自分へ、自分から子供へと一つのカメラが受け継がれていく、そんなドラマがあなたの身にも起こるかもしれません。

 

独特の味と世界がある。それが一番好き!

突然ですが、こちらの写真をご覧ください。

フィルムカメラの前に使っていた、デジタル一眼レフで撮った藤棚です。
細かいところまできっちり描写されていますよね。藤色も忠実に再現されています。

では続きまして。

いかがでしょうか。
この1枚が、ワタクシがフィルムカメラに決定的にはまった瞬間です。

隅々まで精緻な描写や1秒に何コマも撮れる速写性はフィルムにはありませんが、それを補って余りあるほどの豊かな描写、光の美しさがあると思います。
完璧には写しきれない曖昧さと柔らかさ、その場の雰囲気をそのまま取り込んだような暖かさこそが、フィルムカメラの最大の魅力なのです。

 

どんなカメラを買おうかな?

フィルムカメラの魅力について語ってきましたが、ここからはタイプ別にオススメ機種を挙げていきたいと思います。

なお、価格およびカメラの参考として楽天等のリンクを貼っていますが、実際はカメラ屋さんで相談しながら購入することをオススメします。

ではいってみましょう〜

 

 失敗したくない!という人はOLYMPUS OM-1 
いきなり自分のカメラか!という感じで恐縮なのですが、実際OM-1はフィルムカメラ初心者にこそ使って欲しいカメラです。
完全に機械式のカメラのため、シャッタースピードや絞り、ピントはすべて手動で調節します。
難しいかも、と思いがちですが、OM-1には露出計(正しい光の量で写真を撮るための指針)が内蔵されているため、「明るすぎて真っ白!」や「暗すぎて何も写ってない!」といった失敗が少ないのです。

 

こちらのNikon NewFM2もオススメ。
昔から写真学校で使われていた機材であり、写真のレベルアップにはもってこいの一台です。
「ジャーニーコニカ」という愛称の通り、気軽に旅行に持っていけるコンパクトなカメラです。
レンジファインダー(連動距離計)内蔵で、ピントもバッチリ。

 

  全て自分で合わせるのは不安…という人はCONTAX Aria
こちらのカメラは金属ではなくプラスチック製のカメラなのですが、その分軽量なため持ち歩きには便利になっています。
露出の決め方が「マニュアル(全て手動)」「絞り優先AE」「シャッター優先AE」「プログラムAE(全てカメラにお任せ)」の4つに対応しており、マニュアル操作が苦手なうちでも安心して使えます。
手のひらに収まるほどのコンパクトさと、コロンと可愛いフォルムが人気のハーフカメラです。現在のOLYMPUSのミラーレス一眼にも、デザインや名前が引き継がれています。
そしてポイントは、ハーフカメラなので通常のカメラの倍の枚数を撮影できるということ!36枚フィルムなら72枚撮影できます。スゴイ!

 

露出もカメラ任せ、「押すだけ」で撮れますので特別な知識がなくても写真が楽しめます。
また暗い場所撮影ができない場合は、「赤ベロ」と呼ばれる表示がファインダー内に出て知らせてくれる、という何かと優しいカメラです。

 

カメラを買うときの注意点

オススメのカメラを挙げたところで、実際にフィルムカメラを購入するときに気を付けたいことを2つ書いておきます。

1.カメラ屋さんで買いましょう!

ネットオークションやフリマアプリ等々、入手できる場所は数多くあるのですが、オススメは「カメラ屋さんに行って購入する」一択です。

後述のポイントにもあるのですが、インターネットの場合はカメラの状態を確認することができません。また販売者の人柄等も分からないので、運が悪いと粗悪なカメラを売りつけられるリスクもあります。

ワタクシのオススメは、名古屋にある「イエネコカメラ」さん。
店主さんがとても気さくで良い方で、フィルムの入れ方や露出の合わせ方など購入者の疑問にも丁寧に答えてくださいます。カメラの修理も受け付けていて、ワタクシも何回かお世話になりました!

名古屋の「イエネコカメラ」に行ってきた話。 国産フィルムカメラの修理、販売の専門店、「イエネコカメラ」。 カメラを始めてからもうすぐ3年、今のデジタル一眼レフももちろん大...

2.カメラやレンズの状態をチェックしよう!

フィルムカメラに限ったことではないのですが、中古カメラは状態によっていくつかのランクに分けられていることが多いです。
同じ機種やレンズでも、露出計が作動しなかったりレンズにカビやクモリがあったりと何らかの問題がある場合、価格は安めに設定されています。

価格を取るかカメラの状態を取るかは個人の選択なのですが、最初の一台を選ぶ際はオーバーホール済みの動作に問題がないカメラを選ぶことをオススメします。

ちなみにイエネコカメラさんのカメラは全て整備済のもので、陳列されているカメラはどれも自由に触らせてくださいますので、自分が手にとってしっくりくる一台を選ぶことができます。

 

以上、とっても長い記事になってしまいましたが、フィルムカメラの良さが少しでも伝わって、たくさんの方が「フィルム始めよっかな」って思ってくだされば幸いです!

 できればOM-1仲間が増えると嬉しいな〜
なんちゃって!