長良川花火大会に行ってきた話。

岐阜の夏を代表する一大イベント、長良川の花火大会へ行ってきました!

長良川の花火大会とは?

岐阜の夏を彩る一大イベント、長良川の花火大会。
7月の終わりに開催される「長良川全国花火大会」と、8月に開催される「全国選抜長良川中日花火大会」の2つがあり、どちらも例年30万人以上の人が訪れる特大イベントです。

長良川花火大会の楽しみ方

まず最初に書いておきますが、長良川の花火は基本的にどこからでも見えます。
岐阜市内はあまり高い建物がありませんので、それこそ自宅が絶好のビューポイント、という岐阜市民の方もたくさんいます。

しかしその中でも「座って花火を見たい!」「近くで迫力ある花火が見たい!」という人にはやはり、「長良川公園」(黒い星印)と「長良川プロムナード」(赤い星印)がオススメです。

A.長良川公園
  1. 花火が打ち上がる川の中州のど真ん前。視界いっぱいに花火が広がるだけでなく、音楽やナレーション、地響きもたっぷり味わえる、大迫力の花火スポットです。
  2. 場所取りがめちゃくちゃ熾烈!例年、当日の朝から昼にかけて多くの方が場所取りに訪れます。
    加えて、段差が少ないほぼ平地であること、人がいちばん密集する地帯であることから非常に動きづらく夏の暑さが倍増するスポットでもあります・・・

魅力度:

混雑度:

忍耐力:

B.長良川プロムナード
  1. 花火の打ち上げ場所から橋を一本挟んだ河川敷エリア。
    花火から若干の距離はありますが、人混みを避けて花火鑑賞がしたい方にはオススメです。
  2. プロムナードには階段やスロープが多くあるので、周囲の人と適度な距離感があるのも快適ポイント。
  3. 一番見やすい最上段は16時頃までには埋まって行くようです。ただ中段、下段あたりは開始直前まで余裕があるので、自分たちの好みに合わせて鑑賞してみてください。
2019年はプロムナードからのんびり花火鑑賞。

魅力度:

混雑度:

忍耐力:

C.岐阜城の天守閣(金華山山頂)
  1. 標高300メートルを超える金華山や岐阜城の山頂から、「花火を上から見る」という一味違った楽しみ方をしてみたい方にオススメ。
  2. 岐阜城へのアクセスは、ロープウェイ(往復1080円)が楽チンで便利。
  3. 打ち上げ方向の天守閣は、遅くとも17時には人でいっぱいになります。椅子を置くことは禁止されているため、ずっと立ちっぱなしでも大丈夫、という方はどうぞ。。。
実際に天守閣から見た花火。夜景と花火を一望できて、とっても綺麗!
この花火を観るのに3時間待った甲斐がありました・・・

魅力度:

混雑度:

忍耐力:

 

花火大会をもっとゆっくり楽しみたい、という方へ

上記のような人混みや場所取りは苦手だなぁ〜、という方はちょっとリッチなこちらのプランがオススメです。

長良川河畔のホテルで花火鑑賞プラン

長良川河畔一帯は「長良川温泉」を擁する温泉街でもあり、宿泊施設が多く立ち並んでいます。
当然、各ホテルも花火大会に合わせて特別プランを用意しており、部屋から花火を眺めたり、屋上に夕食会場を設置して花火を鑑賞できたりと花火を贅沢に堪能できるプランが目白押しです。
良い部屋や食事会場は早々に予約が埋まってしまうようなので、ご希望の方は一度ホテルのHPや電話からお問い合わせください〜

十八楼:http://www.18rou.com

石金:http://www.ishikin.co.jp

岐阜都ホテル:https://www.miyakohotels.ne.jp/gifu/index.html/

水上の特等席!観覧船から花火鑑賞

河原からではなくもはや水上から見てしまおうという一番の特等席。
毎年7月初旬から予約抽選が開始し、料金は通常の1.5倍にもなりますが毎年応募が殺到する超人気席でもあります。

当たるかどうかは運任せですが、水上から花火を見られれば、またとない夏の思い出になりそうですね◎
各ホテルでも貸切船等を用意することもあるようなので、そちらについてはホテルへお問い合わせください。

岐阜鵜飼公式HP:http://www.ukai-gifucity.jp/ukai/

 

長良川花火大会へのアクセス

会場行きバス(シャトルバス)

行きはダントツでシャトルバスが便利!ノンストップで会場まで運んでくれます。
JR岐阜駅や名鉄岐阜駅の乗り場には長蛇の列ができていますが、バスが絶え間なく走っているので割と早く会場へ到着できます◎

逆に帰りのシャトルバスは要注意!
長蛇の列は覚悟するだけでなく、車で帰宅する方々の交通ラッシュに巻き込まれてバスが動かなくなることもままあります。

岐阜駅までは歩いて30分ほどなので、友達や家族など一緒に来た方と花火の感想を語りながら歩くのも一手でしょう・・・

自家用車で行きたい方に、予約サービスができました!

どの花火大会でももはや同じですが、会場付近の駐車場はめちゃくちゃ競争率が高いです。
1キロ圏内程度の駐車場は昼までには満車ですし、岐阜駅付近の駐車場も当日はパンパンで駐車場難民・・・

そんなマイカーユーザーに朗報なのが、駐車場予約サービス「akippa」。
空きスペースを持つオーナーさんが駐車場として貸し出す、新しいシェアリングサービスです。事前予約&事前決済なので、当日ウロウロと駐車場を探すことなくスムーズに会場入りしたい!という方はぜひご検討ください〜

akippa HP:https://www.akippa.com
※「akippa」利用に関するトラブル、質問等には当サイトでは対応致しません。ご了承下さい。

 

花火大会の様子はこんな感じ!

最後に、今までの花火大会の様子を写真でお届けします!

岐阜城の天守閣から。風が吹いて気持ちいい1日でした
2018年は、河畔に立つ友人宅のベランダから。
2019年は、長良川プロムナードから。観覧船の灯りが風情たっぷりでした

 

2019年の全国花火大会はすでに終了していますが、全国選抜中日花火大会は8月17日に開催予定です。
皆さま暑さに気をつけながら、ぜひ岐阜の花火を楽しんでいって下さいね〜!!