犬山祭に行ってきた話(+圓明寺&珈琲ボタン)

雲ひとつない快晴の日に、犬山祭に行ってきました。まさにお祭り日和!

いつも通り、名鉄線に乗って犬山駅で下車。
最寄りから乗った時は「あれ?そんなに人いないじゃん」って思ったけど、犬山駅に到着した途端、ものすごい人だかりに遭遇!ハイパー人混みの予感。

今日は犬山祭の他に商店街のマルシェとか犬山市と友好都市関係の市町村の物産展とかがあって、犬山の街全体がイベントだらけでした。駅前からずーーーーっと歩行者天国になっていて、あっちこっちフラフラしながら散策してきました。

まずは車山を見に行きます

2日目の今日は、各町の車山が9時ごろから町内を出発して犬山城ふもとの針鋼神社へ集結、10時ごろから神社前でからくりを奉納し町へ帰っていく、という感じの流れ。
車山の「どんでん」やからくり奉納が見られる神社前は大混雑!!身動きが取れないくらい人がいます・・・

なのでおススメは車山の通り道で車山が近づいてくるのを待つか、神社前で集合している車山を見るか、ですねー。車山が動き出すと一方通行の規制がかかって近づいていくことが難しくなるので、のんびり屋台のご飯とかを食べながら車山を待つのがベターっぽいです。

神社前に集まった車山。
ワタクシが到着したときはお昼時でもう半分くらいはいなくなってしまっていましたが、全部そろい踏みしていたらさぞ壮観だったんだろうなー。

全13基の中で唯一の船形が、新町の「浦嶌」。船首に飾られた鶏の頭、黒と金の船形がめちゃんこ豪華で、カメラマンの人だかり。
からくりの「浦嶌」は昔話の浦島太郎とほぼ一緒で、乙姫様が浦島太郎に玉手箱を渡す場面や浦島太郎が白髪になってしまう場面が見どころの一つとなっています。

でかい!3階建の車山は、下から見上げていると首が痛くなってくるレベル。

車山に車輪はありますが、移動はもちろん人力。曳き手の男たちの勇壮な掛け声が響きます。

乗り手の子供たち。お囃子や太鼓の音に交じって、「うちの孫が今年初乗りなんやわ~」っていうおじいちゃんの会話が聞こえてきて、ほのぼの。。。

人混みは疲れるけど、地域の人が一体になって受け継がれていくお祭りっていうのはやっぱりいいですね。
今年はユネスコにも登録されたし、ますます大切に盛り上げていってほしいです!

 

お祭り、そしてお花見へ

歩行者天国の喧騒からちょこっと離れて、圓明寺へ枝垂れ桜を見に行ってきました!
先週は3分咲くらいだったけど、今日は満開お花見日和!

フレームに入りきらないくらい目いっぱい咲き誇る桜の木に圧倒されます。

やっぱり春の桜はいいですね。
犬山城の桜はまだこれからって感じだったので、まだまだ一帯では桜が楽しめそうです。

 

珈琲屋さんを発見!

圓明寺から歩いて2分くらいのところに、昨日オープンしたばっかりのコーヒー屋さんを発見!
もともとマルシェに出展されていた方が、この春からお店を始められたそうです。
犬山祭限定の「祭ブレンド」の酸味と、チーズケーキの甘酸っぱさが最高にマッチ。美味い!

4日からは通常営業になって、カレーランチも始まるそうです。行きたい!

【追記】カレーランチを食べに行ってきました!

珈琲ボタンでランチしてきた話。

2017.04.23

犬山にお越しの際はぜひお立ち寄りくださいなー!

自家焙煎珈琲とチーズケーキ「珈琲ボタン」
HP:http://www.coffeebotan.com
TEL:0568-90-5767
Access:愛知県犬山市東古券661

愛知県犬山市東古券661