6月の京都に紫陽花を見に行ってきた話。

6月の梅雨ごろ、京都へ紫陽花を見に行ってきました!

「花の寺」三室戸寺へ行ってきました

京都で紫陽花といえばここだよね、ということで宇治にある「三室戸寺」へやってきました。
京阪宇治線の「三室戸」駅から歩いて15分くらい。シャトルバスも出ています。

京都府宇治市菟道滋賀谷21

1万株もの紫陽花が咲き誇る三室戸寺は、京都の紫陽花寺と呼ばれるほどの名所。
山門を抜けて一面に紫陽花が広がる様子は、まさに絵巻物のような景色です。

なんだか不思議な色合いで、お気に入りの一枚。
新しくアジサイを植えたエリアもあるみたいで、来年はもっと見ごたえがあるかも!

紫陽花は雨が似合う花なので、お天気が悪い梅雨の時期でも観光を楽しめるスポットですね。

紫陽花と一緒にぜひ立ち寄って欲しいのが、こちらの「伊藤久右衛門 宇治店」の紫陽花パフェ。紫陽花が咲く時期だけの期間限定です。

紫陽花カラーの練り切りに、サクサクのお茶クッキー、黒豆、ブルーベリーゼリー。
美味い!

お茶クッキーがあまりにも美味しかったのですが、非売品とのこと。無念。

伊藤久右衛門 宇治本店
HP:https://www.itohkyuemon.co.jp
Open、CloseはHPでご確認ください。
Access:京都府宇治市莵道荒槙19-3

京都府宇治市莵道荒槙19-3

 

祇園へ行ってランチしてきました

紫陽花を堪能したところで祇園へ移動して、予約していた「祇をん 豆寅」でランチ。

祇園の花見小路をまっすぐ、歌舞練場の目の前にあるお店です。

名物の豆寿司ランチは、祇園の舞妓さんたちのおちょぼ口でも食べられるように、全てが一口サイズで握られています。可愛い!

めちゃんこ可愛く芸術品のようで、パクッと食べるのがちょっと惜しいくらい。
一口サイズだけど15貫くらいあるので、結構お腹はいっぱいになりました。美味い!

祇をん 豆寅
HP (紹介ページ):https://kiwa-group.co.jp/mametora_gion/
Open、CloseはHPでご確認ください。
Access:京都府京都市東山区祇園町南側570-235

京都府京都市東山区祇園町南側570-235

 

祇園で甘いものめぐりをします

お腹もいっぱいになったところで、祇園の甘いものめぐりにシフトチェンジ。

まずは「祇園 徳屋」でわらびもち&葛もちの相盛り!

ひんやり、ツルツルで美味い!
10人くらいの列ができていましたが、暑い中で待っていた疲れも吹き飛ぶ美味しさです。

茶色い方がわらびもちで、緑の方が葛もち。
わらびもちはきな粉と黒蜜、葛もちは抹茶きな粉と餡子でいただきます。

どちらも今まで食べたことがない新触感!お箸で持ち上げるともっちり、とろとろーーーっとしています。美味い!

祇園 徳屋
HP:http://gion-tokuya.jp/index.html
Open、CloseはHPでご確認ください。
Access:京都府京都市東山区祇園町南側570-127

祇園NITIでかき氷

祇園をぷらぷらしていると見えてきた、「祇園 NITI」。

京都屈指のかき氷の名店で有名なのですが、整理券制で順番待ちがすごいので今まで入ったことはなく。。。
6月の今ならひょっとして空いてるかも、と思ったら大当たり!並ばずにスッと入店できました。ラッキー。

季節限定の「新茶のかき氷」をチョイス。
氷はめちゃんこフワフワ!今までのかき氷の中でベストふわふわです。
新茶のかき氷は初めて食べたけど、抹茶とは違った甘みと苦みがあって、美味い!

冬は自分で焼くおかきセットもあるし夜はバーにもなるしで、また行きたいお店です。

祇園 NITI
HP:http://www.gion-niti.com
Open、CloseはHPでご確認ください。
Access:京都市東山区祗園町南側570-8

お昼のカフェ営業は平成30年11月末にて暫く休業されるとのことです。ご注意ください。

6月の京都を満喫してきました!京都といえば紅葉や桜がベストシーズンだけど、梅雨の時期にもナイススポットがいっぱいありますねー。今度は紅葉を見に行ってこようっと。