早咲きの鵜飼桜(エドヒガン)を見てきた話。

長良にある護国神社で桜が満開!と聞いたのでさっそく行ってきました!樹齢100年の大きな桜は圧巻でした〜

ホテルパーク沿いの道はこんなに満開!桜のトンネルみたいです◎(ちなみにこれは2018年の桜です)
ちなみに写真奥に映っているのが長良橋です。

家族でお花見に来ている人もたくさんいました。

長良橋から5分ほど歩いて護国神社に到着!
ふもとからは岐阜城がバッチリ見える、抜群のロケーションです。

護国神社の鳥居をくぐると、真っ先に見えるのがこの桜の大木。
樹齢はおよそ100年、樹高8メートルを超える鵜飼桜です。

鵜飼桜の咲きっぷりによってその年の鮎漁を占っていることから、「鵜飼桜」と親しまれています。
ちなみに鵜飼は例年5月中旬からスタートします〜詳しくはこちら◎

岐阜の夏の風物詩!長良川の鵜飼を見に行ってきた話。 長良川の鵜飼ってなに? 鵜飼とは、「鵜」という鳥を巧みに操って川魚(主に鮎)を獲る漁法のことです。ちなみに鵜を操る漁師さんのことを...

淡い紅色の蕾を付けた部分もまだ多く、3月いっぱいくらいまでは楽しめそうです。

護国神社には他にも多数の桜が植えられていますが、そちらはまだ咲きはじめといったところ。
来週頃が満開のピークだと思われます〜◎

長良川沿いの桜とともに、ゆっくりお散歩をしながら楽しんでみてください!

岐阜護国神社
Facebookはこちら
Access:岐阜県岐阜市御手洗393番地
岐阜バス「長良橋」にて下車後、徒歩約5分

岐阜市御手洗393