鵜飼桜(エドヒガン)と長良川周辺の桜を見てきた話。

長良にある護国神社で桜が満開!と聞いたのでさっそく行ってきました!樹齢100年の大きな桜は圧巻でした〜

岐阜市でも屈指の桜の名所が、こちらの長良川沿いの桜並木。
ホテルパーク沿いの道はこんなに満開!桜のトンネルみたいです◎

桜並木にお越しの方は、岐阜バスに乗って「長良橋」で降りて徒歩5分程度です〜
駐車場も周辺にありますが、割と満車になっていることが多いので公共交通機関をオススメします。

桜並木とトンネルを抜けたら、護国神社に到着!
夜にはぼんぼりに灯りがともって綺麗なんだろうな。

護国神社の鳥居をくぐると、真っ先に見えるのがこの桜の大木。
樹齢はおよそ100年、樹高8メートルを超える鵜飼桜です。

鵜飼桜の咲きっぷりによってその年の鮎漁を占っていることから、「鵜飼桜」と親しまれています。
ちなみに鵜飼は例年5月中旬からスタートします〜詳しくはこちら◎

岐阜の夏の風物詩!長良川の鵜飼を見に行ってきた話。 長良川の鵜飼ってなに? 鵜飼とは、「鵜」という鳥を巧みに操って川魚(主に鮎)を獲る漁法のことです。ちなみに鵜を操る漁師さんのことを...

淡い紅色の蕾を付けた部分もまだ多く、3月いっぱいくらいまでは楽しめそうです。

鵜飼桜は他の桜よりもやや早く満開になりますので、次の週くらいには境内の桜も満開になっていると思います〜

岐阜護国神社
Facebookはこちら
Access:岐阜県岐阜市御手洗393番地
岐阜バス「長良橋」にて下車後、徒歩約5分

岐阜市御手洗393

 

こちらは護国神社のお隣にある日中友好庭園。
友好都市である杭州市の西湖をモチーフにした、回廊式の橋や池が設えられている中国式の庭園です。

屋根の上には珍しい獅子の置物。
こういうのも中国風のしつらえなのかな??ちょこんと屋根に座った獅子と桜のコラボレーションが可愛らしいです。

以上、長良橋一帯の桜レポートでした!
岐阜駅からバスで乗り換えなしで行けますし、桜スポットも徒歩圏内に点在しています。
春のお出かけにぜひお越しください〜