名古屋アンティークマーケットに行ってきた話。

少し前のお話ですが、名古屋で素敵な蚤の市が開催されましたので行ってきました!

4月20日、21日に名古屋の東別院で開催された、「名古屋アンティークマーケット」。

日本のみならず、北欧やヨーロッパ、アメリカなど世界中から集まった古くてステキなものがたくさん!一つひとつ、お店の方や持ち主さんの思い入れが詰まった品物が並んでいて、手に取って見ているだけでもとっても楽しいイベントでした!

以下、そんな楽しすぎたマーケットの様子を写真でお楽しみください。

実は初めて来ました、東別院。広い境内の中にお店がずらり。
境内にはまだ咲いている桜もありました。今年は長かったなぁ
革の表紙の質感が艶めかしい手帳や本。インテリアとしても欲しくなっちゃうなぁ
こういうラムネの瓶みたいな淡いブルーが大好き。海を漂っていそうです
この日は暑いくらいのポカポカ陽気。かき氷が最高に美味しかったです
蚤の市といえば、カメラをついつい探してしまいます

グラスや古着のような日常生活に使えるものもいいですが、古い置物や読めない外国語の書籍、動かないカメラといったアンティークな品物が見つかるのも、蚤の市のいいところ。

小さい子がお母さんに「ねぇこれ何に使うのーー?」としきりに尋ねていましたが、きっとアンティークマーケットに来ている人たちは誰もその答えにたどり着いていないのでしょう。
何世紀も前に使われていたものが、自分の手の中にある・・・あるいは逆に、自分が大切にしていたものが誰かの手に渡ってゆく。そんな密やかな興奮を味わいに、アンティークマーケットへ繰り出してみてください。

名古屋アンティークマーケット
HP:http://antique-mkt.net
最新の開催情報については、HP等でご確認ください。