フィルムカメラ

PENTAX auto 110を買った話。

新年早々、新しいカメラを買ってしまいました〜ということでご報告します!

2018年の終わり頃、いつもお世話になっているイエネコカメラさんへ行ってきました。
愛用のOM-1の露出計が動かなくなった相談だったのですが、そこで出逢ってしまったのです。。。

このめちゃんこ可愛らしいカメラに。
かかか可愛い・・・!手のひらにコロンと収まるサイズ感、それでいて交換レンズが3本もセットになった立派な一眼レフカメラです。

年越しからお正月の間、ずーーーーっと悩んで悩んで、

 

買っちゃった。

というわけで簡単なレビュー記事です。と言ってもまだ撮影はしていませんので、外観だけ◎

PENTAX auto 110は「ワンテン」の愛称の通り、35mmフィルムよりも規格の小さな110フィルムを使って撮影するフィルムカメラ。
昭和50年代前半にPENTAXから発売されました。

6cm×10cm×4cm、約180gしかない小さなボディの中に、ミラー機構とプリズムが内蔵された立派な一眼レフです。よくこんなちっちゃなボディに色々と詰め込んだものだなぁと感動すらしてしまう、PENTAXさんの技術と情熱。

Nikon Fと比較すると一目瞭然の小ささです。

高さが大体35mmフィルムと同じくらいという衝撃。

ハーフカメラのPEN Fシリーズよりも、まだ一回り小さい!

ワタクシが持っているカメラの中でもダントツに小さいカメラとなりました。
軽いし、ポケットにスポンっと入れてラクラクお出かけできそう◎

ピント合わせはもちろんマニュアルで、レンズにあるピントリングを回して合わせます。

OM-1とは違って、スプリットイメージ(上下像のズレを合わせることでピントが合う)のピント合わせなのと、ファインダーが狭めなのでちょっとピント合わせはシビアな感じでした。
ファインダー内右下のランプが露光具合を教えてくれるそうです。

交換レンズは、18mmの広角、24mmの標準、50mmの望遠の3種類です。
全て明るさはF2.8で固定。

レンズキャップにもちゃんとPENTAXの刻印がしてあるところがカッコイイ。
一番小さい24mmなんて親指くらいのサイズしかないのに!

ちなみに中に装填するフィルムは、現在はLomographyのISO200のみです。
ダイヤモンドカメラシュシュさんでもお取扱いはあるのですが、いつも入荷すると一瞬でハンターの方々が購入されていくそうで、店頭にはありませんでした。。。しゅん。

Lomoといえばトイカメラのイメージなので、このフィルムもトイカメラっぽい写りなのかなーという勝手な想像。
フィルムを入手したらまたのんびりと撮影に行ってみたいと思います!

これで我が家のフィルムカメラたちは、

  1. OLYMPUS OM-1
  2. OLYMPUS PEN-FT
  3. OLYMPUS PEN EE3
  4. KONICA EYE
  5. PENTAX auto 110

となりました!気づいたらめっちゃ増えてる・・・笑
しかし全くもって後悔はない、むしろ「やったぜ」という達成感に溢れている・・・これがフィルムカメラ沼というやつなのですね笑

またフィルムが現像できたら記事を書きます〜